兵庫尼崎 ヒーリング&セラピー   誰でもすぐに使えるヒーリング

なごみところ    経験豊富な男女レイキマスター2人による一日一客のレイキ講座

レイキ講座

好転反応とは


 


陰陽ヒーリング


アクセスバーズ


SS健康法


ヒプノセラピー


心楽スピレクチャー


心理セラピー


エサレンボディワーク

英国式リフレクソロジー


ファルファン


サイトマップ


なごみところブログ

レイキの誤解


大正時代の日本で生まれたレイキ療法が、海を渡り世界中で発展していく過程で、

 それぞれの文化圏へ適応したものが、いわゆる「海外レイキ」です。

 合理的でシンプルで手軽に楽しめるのがレイキの良いところ。

 誤った解釈が伝言ゲームのように伝わったことで、制限されてしまった

 レイキの使い方の誤解を解きたくて、このページを作りました。


  


 実は、本来、レイキにタブーはほとんどありません。


 臼井先生の興したレイキ療法(臼井霊気療法)は、修行や人格の向上が絶対条件です。

 けれど、忙しい現代人にそれを要求することは、なかなか難しいですよね。


 そこで、昭和になってレイキが海外に渡る過程で、エネルギーの感覚(気感)が

 まだ未熟であっても、誰でもレイキを使えるようにガイド(12ポジション)ができました。


 レイキ1を習ったその日から、自分に手を当てる(自己ヒーリング)こと、

 また、他者にも同じように手を当てる(他者ヒーリング)ができます。


 身の回りに満ちているレイキのエネルギーを、取り入れる回路をお掃除し、調整することで、

 どんな人でもみんな、体内にレイキを取り込み、生命エネルギーとして使い、

 排出する生来の回路が活性化するのです。


 レイキは、全てを調和に導く性質があるので、心身のみならず環境を整えるよう働きます。

 これが好転反応です。


 レイキ2では、本来のヒーリング能力を倍増し、さらにあらゆる場面で効果的に使える

 3つのエネルギーの回路が設定されます。

 使えば使うほど気感が開発され、心身も環境も調和へと向かいます。



 実は子供の頃から、誰もが無自覚にしていた遠隔(誰かの無事を無意識的に願うこと)

  この遠隔ヒーリングが、「安全・確実・強力に出来るようになる」というのもこの段階です。


レイキの誤解 1

 レイキはヒーリングに使うもの



‥実は、それだけじゃないんです。

レイキエネルギーの働きは調和へと導くもの。

口にするもの・目にするもの・自分を取り巻く環境までも、整える力があります。


光で包み・満たすことで、どんなものもクリアにし、本来の、

あるいは、さらに上質なものへと変容させてくれます。



  

レイキの誤解 2

 レイキヒーリング中はじっくり集中が必要



ヒーリングをしている時は、じっと手を当ててじっくり時間をかけなきゃって

なんとなく思われてる方も多いのだけど、

普段の暮らしの中でいつもしていることに、レイキの働きが加わるのです。


お仕事中、家で家事をしてる時、どんな時でも、手を使うとき・触れるものすべてに

レイキのエネルギーが(構えることも、力むこともなく)中継されます。


また、誰かと「話しをする」「見る」ことでも、そこにレイキが働き

エネルギーの交流が起こっているのです。


レイキは、自然に心地よく調和の方向へと導くエネルギーだから、

人為的にがんばって操作する必要はないのです。


穏やかに、じんわりと働いてくれる安心で安全なヒーリング方法です。

  


レイキの誤解 3

 レイキアチューンメントを受けたその日から使える



誰もが生来、レイキを使えるエネルギーの回路(通り道)を持っています。

例えるならば、それぞれの方がその人独自の個性的な楽器を持っているのです。

「自分が生まれながらに持っていた楽器の、音の出し方を知る」までが

レイキ1のアチューンメントを受けた段階です。


初めは、エネルギーの感覚(気感)が分からなくて「これでいいのかな?」って、

おぼつかなく感じられる方が多いのですが、自己ヒーリングをして自分を整え、

日常的に使って親しんでいるうちに、気感や自分なりの使い方のコツがつかめてきます。


つまり、楽器を練習して、「自分も周りも心地よく調和する」音楽を奏でられるように、

誰でもなれるのです。


レイキは、「アチューンメントを受けたらその日から使える」というのは、

決して間違いではありません。


けれど「レイキの恩恵を受け取り、まわりにも調和を広げていく」という、

レイキのパワーを最大限享受するという意味で「レイキを使える」ことを求めるのなら、

自己ヒーリングを習慣化することや、身の回りのものにごく自然にレイキをして、

毎日楽しんで使う(育てていく)ことこそが大切なんです。


口から身体に取り込むものや、手に触れるもの、目にするもの、自分を取り巻くすべて、

人間関係や環境にも調和をもたらしてくれるのが、レイキです。


なごみところのレイキ講座では、心のベクトルがほんの少し変わることで、

生きるのが楽になるお話(心楽スピリチュアルレクチャー)を、

各段階ごとにお伝えしています。


   

レイキの誤解 4

 ×手術中に遠隔を送ると麻酔が効かなくなる×



大切な人の手術 この大切な局面で無事を祈るのはごく当然のこと

遠隔とは、意識的な祈りを向けることです。

レイキは調和へと向かう性質のエネルギーなので、安心して遠隔をしてあげましょう。

本来、伝統的な臼井レイキでは、そのような禁忌はありません。

なんら不都合が無いのは、和田と私(小林)が身をもって体感・検証済です。


  


レイキの誤解 5

 第二シンボルは悪癖の改善に使うもの


第二シンボルの使い方について、ごく限定的に伝えるレイキの亜流派があります。


そう教わった方は、自分には適用ではないので使ってないと言われていました。

なんてもったいない!

悪癖の改善は、働きのごく一部に過ぎません。

優しく繊細なエネルギーなので、押し付けることなく自然に調和をもたらし、

第一シンボルの働きをマイルドにサポートします。


レイキ2講座で3つ。レイキ3講座で1つのシンボル&マントラを学びます。

それぞれの協働を活かして、普段から役立ててくださると嬉しいです。


   

レイキの誤解 5

 ×日没後にアチューンメントをしてはいけない×


レイキは宇宙生命エネルギーであり、光の性質を持つものです。

そして、レイキのアチューンメントとは、そのエネルギーの回路を清め、

その人らしく活用できるよう活性化するもの。


アチューンメントを行うレイキマスターが、きちんとレイキマスターとしての

自覚とスタンスを整えて行うならば、どんな時間であっても支障はありません。



 レイキは使えば使うほど、広く深く豊かになります。

 どう使おう!?‥って、工夫して楽しんでいただきたいです。


 これから、気づいたことを少しずつ更新していきますね。



  

ページトップへ